この愛は、異端。11話(2巻)のネタバレ・感想

この愛は、異端。11話は、これまでのように、よしの×保護者だったり
変態保護者でもなく、男と女。だな。と、読者としては進展?と思えるところもありました。

10話から、バアルが求めるよしのへの対価がエスカレートしました。
これまでは、キスやディープ、胸は触りましたが、下を触ることはなかったのに、

10話の終わり、よしのが自立?(自立というか、少し家事や自分のことくらいは自分でしようとするレベル。)
しようとしたあたりから、男として、よしのを求めるようになったのかもしれません。

進展したからいいんじゃない?とも思えるんだけど、
親のように、兄のような関係の二人も好きなので少し寂しいと思ったりします。

バアルの小言とか、“過保護”なところとか。

進展したと言っても、
対価として愛撫は出来ても、契約しないと交わることはできないようなので、

キスをし、舌を絡め、胸や下の秘所を触り
よしのに快感を与える、バアルの方が苦しそう、、、、

その事は、よしの本人も感じてる様子です。。。

●旭くんの異常に気付くよしの…….

もう本当にヤバく痩せてる。ガリガリさんになって、
よしのの大学の芸術祭から、嫌がらせがさらに悪化したのか
旭くんはさらに痩せて、やつれて、もうなんかの病気状態です。

その状態によしのも気づいたこと、
旭くんの友だちが、よしのの存在に気づかず
「幻覚」「幻聴」「あの子のことは忘れろ..」と話したことから、

やっと、旭くんの身に起きている異変はバウルのせいだと気づいたのはいいんだけど、

旭くんの優しさに涙し、
不意を突かれたというか、
なんというか、旭くんと唇を重ねてします。

大変ーーーっ!バアルにばれたら殺されちゃう( ノД`)

旭くんにハッキリこれまでの経緯やバウルとの関係を話し、
これ以上、自分に関わらないでほしい!とキッパリ!

そしてバウルの元へ走るわけだけど………

●バアルとよしの!ついに契約?

これが悪魔のやり方というのだろうか、よしのの「お願い」も全然きいてもらえずでした。
というか、旭くんとキスしたこと知ってたヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

メチャクチャ怒ってて、旭くんを地獄に連れて行く勢い。

で、自分の貞操と引きかえに旭くんを殺さない。という契約をすることに..

 

●この愛は、異端。11話の感想

バアルの旭くんへの仕打ちが、ついにバレちゃった!という恐ろしい内容。

この事がバレたときどうなるかと。いろいろ予想していました、

これまでの2人の関係的に、バアルがよしのに弱いということもあり

よしのがめちゃくちゃ怒って、泣いて、大騒ぎして

バアルは仕方なくやめるのではないだろうか。とか。

でも、悪魔っぽく、欲しいものを手に入れるための駆け引き材料にしたのは驚きました。バアルはよしのを悪いようにはしない。という変な自身も薄れてきたかも…(涙)

次がとても気になるところですよね、そのまま「貞操」で契約をして旭くんを助けてもらうのか?それとも、、、、、。